アクセス解析
レンタル掲示板

電子辞書のメーカー比較

電子辞書で「4大メーカー」と呼ばれているのは、カシオ(CASIO)・キャノン(CANON)・シャープ(SHARP)・セイコーインスツル(SII)の4社です。もっとも、他の電化製品などと違って、リンク機能なども無い為、メーカーを他の家電製品と合わせる必要もありません。あえて、メーカーごとに特徴をあげると、以下のようになります。

■カシオ 電子辞書 「エクスワード」シリーズ
トップメーカーであるカシオ(CASIO)は、基本性能に定評があります。特に最上位モデルは、無駄な収録辞書もなく、良質な辞書を多く搭載しています。

■シャープ 電子辞書 「パピルス」シリーズ
シェア第二位のシャープは「液晶のシャープ」と呼ばれるだけあって、カラー液晶商品の美しさはピカイチです。

■キャノン 電子辞書 「ワードタンク」シリーズ
シェア第三位のキャノンは、中国語モデルや高校生向けの学習機能モデルなどに強いことで有名です。

■セイコー 電子辞書
SIIの電子辞書は専門性の高い商品が多い一方、英語モデルに強いのが特徴です。

ちなみに大手家電量販店が加盟しているBCNのランキング(本記事掲載時点)によりますと、電子辞書のメーカー別のシェアは下記のようになっています。

第1位:カシオ(CASIO)  57.1%
第2位:シャープ(SHARP) 28.8%
第3位:キャノン(CANON) 10.3%
第4位:セイコー(SII)    3.7%



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。